税込10,000円以上購入で送料無料
2021.07.20

身近な食から考える、人にも地球にも優しい世界。

with who?

Sustainable Director

ROLA

COMMEARTHのサステナブルディレクター。自身でもサステナブルなライフスタイルブランド「STUDIO R330」を手掛け、教育支援や環境問題、動物保護施設などの支援にも視野を広げ活動する。

COMMEARTHのサステナブルディレクターに就任したROLAさん。ROLA’s EYEでは、ROLAさんとCOMMEARTH編集部が対話をする中でみえてきた、ROLAさんの日常へのまなざしをお届けします。

今回の話題の始まりは、「スーパーの食品」。身近な食からも地球のことを考えるきっかけがありそうです。

初回のROLA’s EYEで、地球のことを考えるきっかけの1つは食べ物だったとおっしゃってました。ROLAさんは普段どんなところで食べ物を買うんですか?

今住んでいるアメリカのLAには、環境にも人にも優しい素晴らしいEREWHON(エラワン)というスーパーがあって、そこで買うことが多いかな。ほとんどの商品がヴィーガン対応をしていて、すごく信頼できるの。

EREWHONは、すごく徹底してる。だから世界中のセレブが通ったりしていて、どんどん人気になってるんだ。実際、店舗も増えていっているし、店内でも人が並んでいることがよくあるよ。

日本のスーパーだと、まだまだオーガニック商品が置いてある売り場も限定的だなと感じます。

LAのオーガニックスーパーと比べてしまうと、今の日本のスーパーにある食材の基準に疑問を感じることがとても多いけれど、これも人々の意識がつくり出したことだとも思うから、わたしたちが学んで、行動に移すことで変わることができると思うの。

でも昔の時代の日本も、もともとサステナブルな生き方をしていた国だから、昔の日本の人々がつくり出した美しい文化を改めて尊敬し、学び取り入れていくことが必要なのではないのかなと思う。

自分の一歩がないと、世の中は変わっていきませんよね。

自分たち一人ひとりが勉強することがすごく大事。自分の身は自分で守ること。そして学んだ素晴らしいことをまた人に伝えることって本当に大切なことだなって思う。

改めて人にも地球にも優しいものを、もっとわかりやすく届けていきたいと強く思いました。

COMMEARTHは『サステナブルをすべての人の選択肢に』と掲げているところが、とても共感をするの。より多くの人が地球に優しいサステナブルなものを求めるようになれば、もっと選択肢も広がって手に取りやすいものも増えてくると思う。COMMEARTHと一緒に、みんなに愛と感謝に溢れる動きを広めていけることがとても楽しみです!これからもよろしくお願いします!


Share